advances the dream

sogの前身サイトにして、裏サイトになる予定
by fuga-jin
カテゴリ
全体
独り言
ゲーム
映画

モバイル
アニメ・マンガ
名言
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
Space Of Gravity
Space Of Gravityが現在メインページとなっています。




カテゴリ:ゲーム( 6 )

そういえば

前にこのサイトで、ガンダムクライマックスUCについての記事を書き込んだけど。
その商品、実は買ってません。
衝動買いをするものだと思っていた、自分自身も裏切った(?)結果です。
どうやら、ソフトの反響を見聞きした感じでは、想像していたモノと違っているようですし。
買わなくて、正解だったかな。
[PR]
by fuga-jin | 2006-03-31 01:22 | ゲーム

ちょっと見たために

ガンダムの公式サイトを何気なく見に行ってしまったがために。
今、ものすごい葛藤が心の中に生まれてしまいました。
「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」
この作品を買うかどうか。
ガンダムシリーズが好きで、ゲーム好きな方なら、今まで出た作品は買っているんじゃないでしょうか。
かくいうおいらも大抵は買っているか、プレイだけはしています。
もっとも知らない作品もあると思いますが。

今までの作品は、宇宙世紀の一年戦争と呼ばれた初代のガンダムの関係のものが多かったわけですが。
今回のこの作品って、名前の通りに、幅広く押さえてあってちょっと新鮮な気持ちになりました。
ファンネルが撃てるというのも初じゃないでしょうか?
ただ、幅広すぎて物語や全体的なゲームの流れが大雑把になっていないかと心配もしていたりします。
ちょっと、買うのに踏ん切りが使いな状態ですね。
条件反射のように買ってばかりはいられないですし。
でも、欲しい気持ちは、気持ちだけは募っていく。
知らなければ、悩まなかったのに。と思いながら、知って良かったとも思っているおいら。
ちょっと見たために、一つ楽しみが出来ました。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-13 01:14 | ゲーム

脳を鍛える?

いやはや、ニンテンドーDSが欲しくてたまらなかったりするんです。
去年の末あたりから。
最初はただ単に、面白いゲーム機を考えたなというのが印象でした。
ただそれだけのはずだった。

なのに、脳を鍛える大人のDSトレーニングのCMを見た瞬間から、欲しくなってしまいました。
別に脳を鍛えるっていうのが主体ではなくて、
単に、画面に書いたり・なぞったりして遊べるのが新鮮だったから。
今までは、そんな風に遊べる物はなかったから。
確かに、多少は脳を鍛えたいような気はしているが。

本体とゲームソフトの同時購入を企画しては、財務担当の自分に却下される日を悶々と過ごしています。
余裕が出来たら、勝ってやる!
という意気込み宣言でした。

売れているからには、人気があって面白いのだろうけど。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-09 00:27 | ゲーム

真・三国無双シリーズ

このゲームはアクションゲームで、三国志の世界観を基本にしています。
基本となるアクション部分にしても、難易度を選べることと、動作部分も単純であるため、
少しずつコツさえつかめれば、楽しむことは出来ると思います。
あとは、キャラクターも成長して、強くなっていくため、さらには楽しめます。

なので、三国志ファンの人にも、アクションゲームのファンの人にも十分に進められると思います。


シリーズも早4作目になっているため、色々な改良がされ、
動作感も、グラフイクッスもより洗練され始め、進化をし続けているゲームだと思います。
[PR]
by fuga-jin | 2005-11-19 02:45 | ゲーム

買ってしまいました

三国志10のパワーアップキット付きの、ゲームを買ってしまいました。

おいらは、どおいうわけかこの手合いのゲームが好きだったりします。
のんびりと自分のペースで何事も行っていけるゲームは大好きですね。
せかされないですみますから。
なのですが、弱点としては時間が掛かるといったところでしょうか。

このゲームを知らない方に、簡単な説明をするならば、
古代中国の国が三つに分かれ争っていた時代を舞台にしたシュミレーションゲームです。
そして、目的を端的に言うならば、
大陸統一をすることです。自分が、国をもってもいいし、誰かに仕えてもいいし。

繰り返し続いても、そこに楽しみが見いだせる人にはきっとおもしろいはず。
[PR]
by fuga-jin | 2005-11-01 00:14 | ゲーム

DFがPS2に移植される。

 DF(ドラゴンフォース)。
 昔、約9年前にSS(セガサターン)用に発売されたゲーム。
 戦略シミュレーションRPGで、物語性に富んだゲームだったことを覚えてる。
 このゲームのウリは迫力のある
 「ごちゃ混ぜバトル」(勝手に命名)
          と
 大人数のキャラたちによるドラマ

 が、楽しかったのを覚えてる。
 もっとも、今となっては、真・三國無双などの無双シリーズみたいに、
多人数で迫力感があるゲームも多いけど。
 それとは違った面白さがある。
 兵士の相性(ジャンケンみたいな感覚)を考えて、戦闘を有利にしたり、
されたり。
 内政で、自国を強くして、戦闘も有利にしてみたり。
 その合間合間に、キャラたちの因縁や宿縁が動き出し、ドラマを造り出す。
 おもしろいゲームだった。
 なんにしても、懐かしく、好きだったゲームがまた出来るので
移植はありがたい事だ。
[PR]
by fuga-jin | 2005-03-01 00:31 | ゲーム


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧