advances the dream

sogの前身サイトにして、裏サイトになる予定
by fuga-jin
カテゴリ
全体
独り言
ゲーム
映画

モバイル
アニメ・マンガ
名言
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
Space Of Gravity
Space Of Gravityが現在メインページとなっています。




<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

この世界

 世界に悲しみが充ち満ちている
 世界に不安が広がっている

 止まらぬ想いを抱き続けている人がいる
 失った思いを取り戻そうとしている人たちがいる

 変わり行く世界
 変わらぬ世界

 見失ったもの、何?
 見失った人、誰?

 一欠片の想い、重なって、大きくなる
 一欠片の願い、混ざり合い、強くなる

 世界は喜びに充ち満ちている
 世界には希望が広がっている

 ここには、すべての日常があるのだから
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-27 11:27 |

黄金週間

 早い話が、ゴールデンウィーク。
 今年はうまく休みを取れた人は、10連休になるそうです。

 10日も休めたら、簡単な旅行、海外国内問わずに行けるだろうな。
お金があれば。
 なんでも、連休が多いほど旅行する人が増えるらしい。
 もっともな話だね。半分遊んで、半分は休もうって言っても、5日ずつ使えるわけだし。

 効率的な休み方っていうのも、じつはまとまって休んだ方がいいらしい。
個人差はあるかもしれないが。
 一日おきの通勤通学は、非常に気分を盛り下げる。かと言って、
連休中に、バタバタと早起き遅起きを織り交ぜてると、始まりの日が辛くてしょうがない。
 何故なら、休んだ気がしない。もう終わりっていう気分で一杯になるし。
 やっぱり、遊んだ、休んだ、また一週間が始まる。
 すっきりするパターンというのは、こんな感じでしょうかね。
  
 そんなわけで、黄金週間は、のんびり過ごしているかもしれない。
 ただ単に、予定が無いだけというのは、禁句としておこう。
 ちなみに、出不精の人間にはまとまった休みは危険だったりする。
通勤通学が、面倒になってるだろうから。
 出不精の方は、普段出来なかったことに時間を使って、休んだ方が無難かも?
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-25 01:10 | 独り言

名探偵コナン 機械仕掛けの摩天楼

 名探偵コナンの最初の映画。
 コナンこと新一と蘭の恋愛物語りにミステリーサスペンスが
加わったような作品でしょうか?
 あらすじとしては、
世間では放火事件が多発していた中で、コナンは爆発予告を受ける。
一つずつ爆発物を除去していくが、高層ビルにも爆弾が仕掛けられていた。
どうなる、爆弾の行方は……
 と言った所でょう。
 
 基本的に、TV版の名探偵コナンはミステリーなので、後味がさっぱりとして終わることは、ほぼないです。
 殺す必要はなかったとか、勘違いだったとか……
 それでも、人を信じる気持ちだったりとか、絆みたいなものも話に出てきます。

 そして、映画版の名探偵コナンは、
その、人と人の絆や想いが柱の一つになっている。
 謎解きの部分の暗さと思いやりの部分の明るさが同居してます。
 

ネタばれ 感想
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-22 04:44 | 映画

夢と現実

 おいらは夢を見ているようで、見ていない。
 もう少し正確に言うと、見たのを覚えていない。
 でも、何かの感覚だけは残ってる。

 何かを見たような気はするのに、何かがあったような気もするのに
頭が覚醒していくに反比例して、夢の感覚が消えていく。

 白黒の世界だったような、カラフルだったような。

 辛いことだったような、悲しいことだったような。
 楽しいことだったような、メチャメチャで面白い世界だったような。

 が、しかし。
 何があったのかは覚えていない。
 もちっと、しっかり覚えてると、現実とのギャップに笑えるかもしれない。
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-20 11:02 | 独り言

存在意義

 我思う、故に汝はある
 汝思う、故に我はある
 
 不変にして不定である
 普遍にして特殊である

 彷徨いながらも、目指せること
 目指しながらも、彷徨うこと

 常に傍らにありて、離れるもの
 分かたれて、なお常に傍らにあるもの

 誰もが知っているもの
 誰もが知らないもの

 言葉に出来るものであり、言葉に出来ぬもの

 
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-19 10:41 |

フラストレーション

 最近の中国の『反日』活動、気になります。
 歴史(戦争や文化交流)を正しく伝えることは必要だと思う。
 でも、現在の歴史の教科書は、結局、自分たちの都合次第に
なっているように感じる。中国も日本も。
 憶測ではあるが、自分たちが余所の人に対して、どんなにひどいことを
したのか、書いてないような気がする。
 
 人の記憶は何かをした時よりも、された時の方が良く覚えている。
特に、嫌なことをされた時は覚えも良くなるだろう。
 そして、何をされたかだけをはっきりと伝え、何をしたか、やり返したのか
等は、記憶があいまいになっている。というか、している。
 物事には、原因と結果があるはず。
 何かをした(された)、だから、何かをされた(した)。
こうして、良いことも悪いことも連鎖的に、因果が続いているはず。
 その因果関係を全部、最初から客観的にまとめる必要があると思う。
 でなければ、偏った事実だけに寄りかかることになってしまうから。

 抗議をし、自分の意見を言うことは必要だ。
 しかし、暴動になっていくのは、笑顔での投石とか、怪我を負わせるとかは間違っている。
 いくら自分たちが正しいと言っても、目には目を状態でしかない。
 手段を選ばないとなると、伝えようとしている言葉に力がなくなってしまう。
 日中共に、すべきことをしないでいたツケなんだろう。
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-18 02:49 | 独り言

バイトの改革

 基本的には、アルバイトの仕事ってなんだろうか。
 
 バイト先の改革は未だに続いてる。
 そんな中で、現場で実際に働いてる人間の意見を聞いてくれるのは、
中々ないことだとは思う。
 データ取って、作業状況を客観的に見て、効率・能率の高そうな方法
に変えるのが、たぶん普通なのだと思うから。実際、バイトの意見なんて
といってる上司の社員さんいるし。
 
 ただ、バイトに、
ここ無駄でしょう? そういうことも考えて欲しいんだ。
 と言うのは、どうなんだろう。
 働いているのだから、意見したり、作業改善を求められたりをするのは
当然だと思う。
 でも、立場が上の人・弁舌が立つ人に、思ったことだけを言われても、困る。
 また、人によって言葉が変わるのも困る。
 出来ると出来ない、努力すればある・ない。
 こっちには何が出来て、何が出来ないのか分からないのに。

 改革することばっかりで、無駄をなくす方法を考えてる人って、どれくらいなんだろう。
 早期改革。この言葉に縛られて、試す前に考えるべきことがないがしろになってる。
そんな気がする。今日この頃。
 
 
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-15 11:55 | 独り言

介護

 という言葉を聞いて思うのは、大抵の人が誰かが誰かにするものだと思うだろう。
 自分もそんな風に思っていた。
 日本は長寿国であり、少子化の進む国。
 人生を駆け抜けてきた人とこれから人生が始まる人との
バランスが取れなくなっている現在。
 何も、長生きなのは人だけに留まっていなかった。
 ペットとして飼われている動物たちの寿命も延び、介護が必要になっている。
 
 考えてみれば、当然の結果かもしれない。
 最近は、ペットの健康を考えた食事も売られているのだし、
寿命はさらに延びるのではないだろうか。
 また、飼っている人たちだって、身近になった家族の健康を望まないはずはない。
 だからこそ、延びるだろう。
 それは、介護する期間の延びることでもある。
 経済的・精神的・肉体的に負担がかかるのだろう。
 たぶん、大変なのだろう。
 でも、介護をするんだろうな。家族なのだし。
 
 彼らの姿は、末は我が身、なんだと思う。
 天寿をまっとうするものの宿命かもしれない。
 だから、一緒に生きてるもののお互いの責任を果たすべきなんだろうな。
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-12 10:03 | 独り言

ありがとう

 という言葉を、ちゃんと言えてるだろうか。

 ありがとうという言葉の回数を、普段より多くすれば幸せになれるという。
なんとなく、この気持ちは分かる。
感謝の言葉を伝えるのにまっすぐな言葉だと思うから。感謝されて嫌な気分になる人はいないだろうから。
 実際、お礼を言われたくて、したんじゃない時とかは、
特に嬉しいような、恥ずかしいような、照れた気持ちになるから。

 でも、ありがとうの言葉が多いのも考えようではないだろうか。
何故なら、常々言ってる人のありがとうは聞き慣れてしまい、良くも悪くも、いつものことだと感じてしまう。
その人は、常に感謝をしている人かもしれないし、口癖になってる人なのかもしれない。
 逆に、普段言わない人が言うと、とてもすごいことをした気分になってしまう。
その人は、普段人から何かをして貰った時、どうしているんだろうか。

 多くても少なくても、ありがとうの言葉を言う時。
それは感謝している時だろう。
 その気持ちが伝わらないのは、自他共にもったいない気がしてならない。

 だから、思う。
 自分はちゃんと言えてるだろうか、と。
 言うべき時に言うべき所で、相手に伝わる形で。
 「有り難う」という言葉を。
 
[PR]
by fuga-jin | 2005-04-08 12:27 | 独り言


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧