advances the dream

sogの前身サイトにして、裏サイトになる予定
by fuga-jin
カテゴリ
全体
独り言
ゲーム
映画

モバイル
アニメ・マンガ
名言
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
Space Of Gravity
Space Of Gravityが現在メインページとなっています。




<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

通院

今日、3年ぶりに内科医に診察を受けに行ってきました。
内容的には、先々週に引いた風邪の残り火が続いてることに関してでした。
多少、咳が出る。まとめて出るので、まだ治っていないのかなと思っての受診でした。

結果的には、普通の人でも空咳が出るとのことで、
風邪を引いた後や、喘息を持っている人にはよく見かける症状だそうです。
しかも、ちょっと長引く人が多いような症状らしく、取り分けて病気ではないらしい。
抗生物質の錠剤と気管支を広げる貼り薬を使って、後日に再受診。
まぁ、病気がひどくないと分かったので、よしとしよう。

ただ、思ったのは病院のカルテって何年間保存してあるものなんだろう?
3年前が初診だったため、その内容がカルテのトップに書かれていて、
もうそんなになるのかと、懐かしくなってしまいました。
ただ、3年前と今の状態を比較して、インフルエンザの検査をするか聞かれても、
素人が判断するのか?
と、衝撃を受けたのは、今日一番のビックリだったかもしれない。
あとは、診察に予約制が導入されていたことかな。
看護師さんに状況を聞かれて、応えた後。
1時間近く、待ちました。その間に頭痛がひどくなったような気がしたよ。
長いと思っていたら、予約制の順番のせいだったのかな。
周囲の観察をしてなかったので、順番がどうだったのかまったく分からないので、推測ですが。
再診察時には待ちたくなかったので、すかさず予約をお願いしてきました。

やっぱし、健康なときに病院に行くのが一番良いことだと思う。
しみじみ感じた一日でした。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-28 00:28 | 独り言

始終

孤独(ひとり)でいることは、自分を見つめること
共にいるということは、相手を見つめること

愛されたいのなら、愛すること
愛したいのなら、与えられること

思うということは、迷うということ
迷うということは、考えるということ

人は考える
愛することを
独りでいることを
共にいることを
与えられるということを
想うことを

そして、恐れる

恐れないこと、答えを識ること
受け入れること
そして始まる
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-27 01:13 |

キャラ設定?

友達と話していて、ふと自分のことをどんな風に見ているかという話になった。
自分の自覚している性格と、
相手が思っている性格のギャップみたいなものが確認できて面白かった。
ギャップと言ったって、自分の中にある思考と行動した結果への感覚と、周りの人がその行動を受けての感想の相違でしかない。
簡単に言えば、
親切をしたつもりでも、
それは相手から見れば大きな迷惑かもしれないし、大きな感謝かもしれない。
その相違部分が面白い。面白かったんだけど。

でも、最近の若者(20~30代ぐらいの人)って、キャラの演じ分けというか、場所ごとに作っているそうです。
週刊SPA!にそのようなことが載っていた。
みんな、作ってるんだと思ったのが正直な感想だった。
人と状況に応じて対応が変わる(接客時にタメ口を使用しない等)程度はあっても、
作って、演じ分けてるのはどうかなと思ってしまった。
作ってしまえば、そのキャラで行くしかなくなってしまうのだし。
でも、自分の素の性格であれば、具合が悪いときも、喜んでるときも、それを見ての対応をしたり、してくれるのではないかな。
もっとも、キャラを作って人間関係に距離を置きたいだけなのかな?
例えば、飲みに行くのが嫌なら、嫌と言ってしまえばいいのに。付き合い下手だと言われたくなければ、何回かに一回は行くとか。
対応はなんとでもあるのだろうし。
でも、ある意味では無難な解決策なのだろうか?
どれがいいのやら………

おいらは、素の自分で考えて、行動して生きたものです。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-27 00:47 | 独り言

脳の若返り

昼休みに昼ご飯に何を食べるかぶらぶらと歩いている時、
本屋の入り口に表紙を見せるようにして立てかけられていた一冊の本に目が止まってしまいました。
その本は、「脳が若返るメモする習慣」です。
ついにこの手の本にまで、興味が伸びてしまったおいら。
そして、苦笑しながら、衝動買いを止めることなく買ってしまったおいら。
いいのだろうか?
と、若干の疑問は残りますけど。

まだ半分しか呼んでいないのですが、大体の内容はメモ書きの効用と、活用利用方法が書かれている感じ。
意外に、実践例が載っているので真似しながら、自分のやり方を作っていけるかもしれない。
でも、こういった本の弱点としては、
読んだ後の実践しようとした時のイメージのギャップ。
だと思うのです。
本が直接指導をしてくれるわけではないし。

でも、この本の中でも書かれていたのですが、
人の脳は、興味がある事柄に関しては本領を発揮するそうです。
なんだか、みんなで納得が出来そうな言葉でした。
興味がある事柄だと、失敗しても工夫をしようとするものですから。

と言うことは、一番の若返りの薬って、
「興味を持ったモノを追求する」
っていうことだったりして。
興味が、興味を呼んでいけば、苦手なこともいつかはなくなる………かもしれない。
そうなったら、やることなすこと自信満々な人ができる………かも。
そこまでは無理でも、ちょっと、再び色々なことに興味を向けられるようになりたい。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-24 00:18 | 独り言

発想力と忘却力

今まで、保っていたはずの均衡が、どうやら崩れかけているのではないかと、ちと心配。
いや何がかというと、物忘れのことです。
なんか、やりたいこととか、していることの段取りとか。
パッパッと頭に浮かぶのに、次の瞬間には忘れていたりするんですよ、最近。

仕事しながら、入力をしようとしていながら、入力しようとしていた言葉が出てこなかったり。
ブログに書こうと思っていたネタも忘れてみたり。
あまつさえ、忘れないために、メモを付けようとしているのにメモすることを気がつかなかったり。
さんざんですな。
頭脳メモリがいっぱいになってしまったんでしょうか?
もともとこんな人間だった気もするけど。

でも、忘れるっていうメカニズムは不思議な機能なんだな、実感をまざまざとしています。

追記
一個前の記事も、書く瞬間まで何だっけと思っていた。という事実を付け加えてみる。
まっ、そのうち落ち着くだろう、きっと。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-22 00:53 | 独り言

寒い

というのも、外がではなくて。職場が、です。
どうやらビルに内蔵されている、空調の調子が悪いらしく、効き目が全くありません。
しかも、温度調節機能のせいで、やや所狭い事務所なのに、暖まる前に切れる始末。

月曜日は、朝起きたときに微妙だった体調が、
一時的な回復を見せ、夜には頭痛に早変わり。

ふむ。ならばと。
おかんにも助言され、腰にカイロを貼って過ごしてみました。
意外に暖かさが長持ちで、カイロにビックリ。
昼間は一定の体調でいられました。
でも、若干眠くなってしまったのは、内緒のお話で。

腰に貼るポイントってどこなんだろうと、ふと疑問。
どこかに、じっくりと効果的な場所があるんだろうか?
ちょっと、今後のために探してみよう。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-22 00:45 | 独り言

壬生義士伝

この映画を初めて見たのは、確か3年前の夏になる頃だったと思う。
子供時代から時代劇が好きだったおいらではあるが。
この映画に関しては、触手が伸びることはなかった。
たぶん、映画上映されていたからだろう。

そんな作品を見ることになったのは、ただ進められて見た。それだけだったんだけど。
案外泣いてしまった。
しかも、普通の人とはちょっとずれているかもしれない場所で。
でも、感覚をは共有してもらえるシーンで。
なので、久々にレンタルをしてみました。

物語は、幕末は京都。新撰組の一人の隊士が主人公となってつづられていく。
この人の名前は、吉村貫一郎。
新撰組に所属しているというだけで、だいたいの結末は読めるのでしょうが。
それでも、人間らしさの泥臭さを味わえるんじゃないでしょうか。
吉村さんの人間味が、この作品の中では異質な存在になっている感じも特徴かと思います。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-21 00:16 | 映画

風邪を引く

先週は、風邪を引いてしまいました。
11日ぐらいからノドが痛くなったので、
もしかして、と思い、早めに薬を飲んでいたのにも関わらず。
15日の仕事中の昼間から寒気とだるさが出てくる始末。

とうとう、インフルエンザか?
と、自分の症状を分析しながら、考えてみたもものの。
計ったときの体温が、思っていたよりは高くなかったため、病院に行くことは様子見に。
後は、ひたすら体を休めることに。
動くには辛いけど、休むには元気な精神状態で暇だと思いながら、
実は体は休息を欲していたようで、しばしば眠りについてしまいました。

早めの抵抗が功を奏したのか、熱自体は微熱よりは高い程度で済み。
病院に行くことなく、回復を果たしました。
出来れば、病院には行きたくなかったので。

体がだるい思いをするほどの熱は3年前のインフルエンザにかかったとき以来。
………のはず。
今年の風邪はしつこいそうなので、今後も気をつけねば。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-20 00:28 | 独り言

ちょっと見たために

ガンダムの公式サイトを何気なく見に行ってしまったがために。
今、ものすごい葛藤が心の中に生まれてしまいました。
「機動戦士ガンダム クライマックスU.C.」
この作品を買うかどうか。
ガンダムシリーズが好きで、ゲーム好きな方なら、今まで出た作品は買っているんじゃないでしょうか。
かくいうおいらも大抵は買っているか、プレイだけはしています。
もっとも知らない作品もあると思いますが。

今までの作品は、宇宙世紀の一年戦争と呼ばれた初代のガンダムの関係のものが多かったわけですが。
今回のこの作品って、名前の通りに、幅広く押さえてあってちょっと新鮮な気持ちになりました。
ファンネルが撃てるというのも初じゃないでしょうか?
ただ、幅広すぎて物語や全体的なゲームの流れが大雑把になっていないかと心配もしていたりします。
ちょっと、買うのに踏ん切りが使いな状態ですね。
条件反射のように買ってばかりはいられないですし。
でも、欲しい気持ちは、気持ちだけは募っていく。
知らなければ、悩まなかったのに。と思いながら、知って良かったとも思っているおいら。
ちょっと見たために、一つ楽しみが出来ました。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-13 01:14 | ゲーム

脳を鍛える?

いやはや、ニンテンドーDSが欲しくてたまらなかったりするんです。
去年の末あたりから。
最初はただ単に、面白いゲーム機を考えたなというのが印象でした。
ただそれだけのはずだった。

なのに、脳を鍛える大人のDSトレーニングのCMを見た瞬間から、欲しくなってしまいました。
別に脳を鍛えるっていうのが主体ではなくて、
単に、画面に書いたり・なぞったりして遊べるのが新鮮だったから。
今までは、そんな風に遊べる物はなかったから。
確かに、多少は脳を鍛えたいような気はしているが。

本体とゲームソフトの同時購入を企画しては、財務担当の自分に却下される日を悶々と過ごしています。
余裕が出来たら、勝ってやる!
という意気込み宣言でした。

売れているからには、人気があって面白いのだろうけど。
[PR]
by fuga-jin | 2006-02-09 00:27 | ゲーム


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧